トップページ >  頭皮の状態別に >  男性ホルモンが強すぎる場合

男性ホルモンのジヒドロテストステロンの影響が強すぎると薄毛に?

男性ホルモンが強すぎると思われる場合にどういう問題が髪の毛に表れるのかについてです。


男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼと結びつくことにより、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。
DHTは毛乳頭に悪影響を及ぼし、毛包や毛母細胞の活動を妨げ、抜け毛を引き起こします。


男性ホルモンの影響の出やすいのが前頭部やこめかみあたりなので、いわゆるM字型にはげるケースが多いのが問題です。

男性ホルモン(DHT)の影響で前頭部がハゲやすい場合の改善法 ポイントは2つ

男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響をブロックすること


男性ホルモンの悪影響をブロックさせる
前頭部、生え際の抜け毛の後退を止めるために、まずDHT(ジヒドロテストステロン)を生成させないことが最大のポイントです。
5リアクターゼと男性ホルモン(テストステロン)との結合を阻止させる働きが求められます。

毛根の毛乳頭を活性化させ発毛・育毛促進させる
生え際周りの抜け毛を防止した後に、今度は髪を増やし育てていかなければなりません。
毛根の毛乳頭を活性化させ発毛・育毛促進させることがポイントになります。



男性ホルモン(DHT)の影響から守り、前頭部の薄毛改善のためには、
DHT阻止と発毛・育毛促進成分とが両方配合された育毛剤が理想的です。
下記におすすめベスト3をピックアップしましたので参考になさってください。

男性ホルモンの抑制向けの育毛剤 BEST3

99%が育毛成分という濃密さです。DHT抑制効果のオウゴンエキスと育毛業界注目の昆布等褐色成分抽出液m-034配合なのでおススメです。

サラヴィオ化粧品分子ピーリングの浸透力と低分子ペプチドの栄養補給に優れています。
頭皮が弱い・かぶれやすいなど100%無添加を求めている人におススメです。

ポリピュア 長鎖分割ポリリン酸が毛乳頭を活性化し髪への栄養を運ぶ、「発毛命令をダイレクトに届ける」実力人気ランキング1位の育毛剤です。

男性ホルモンを抑制するM字ハゲ対策には、ブブカ(BUBKA)がおすすめ

前頭部、こめかみあたりが後退するM字ハゲ対策には、男性ホルモンを抑制する「濃密育毛剤ブブカ(BUBKA)」がおすすめです。


厚労省認定、99%もが育毛成分という濃密さ、昆布等の抽出エキスM-034は育毛業界も注目です。公式サイトには育毛効果の実験結果であのミノキシジルに相当する結果と記載されています。


抜け毛の原因と考えられる男性ホルモン(DHT)抑制においては、オウゴンエキスが配合されているのが強みです。特典として、育毛サプリメントも付いてきますので体内外から対策ができます。

オウゴンエキスが男性ホルモン抑制の決め手!


6ヵ月後が待ち遠しい最強育毛剤ならコレ!



 ●髪型のタイプ別に

迷った時の育毛剤選び

いろいろある育毛剤を選ぼうとして、何がいいか迷っている方へのアドバイスです。

迷ったらこちらを!