トップページ >  髪型タイプ別に >  生え際・M字型の場合

生え際後退のM字に効果的な育毛剤

生え際が後退するM字にはDHT(ジヒドロテストステロン)対策がポイント!

こめかみあたりからハゲ上がっていくのでM字型などとも呼ばれる髪の生え際あたりの抜け毛・薄毛では、男性ホルモンが関係していると考えられています。AGA=男性型脱毛症とも言われます。
多くの男性がこのタイプで、DHT(ジヒドロテストステロン)対策がポイントになります。

ホルモンバランスと関係あると考えられる男性型脱毛症(AGA)やM字型薄毛の悩みの場合には、男性ホルモンの影響を抑制する成分の育毛剤が理想的です。

生え際が後退するM字型の薄毛ケアで重要な3つのポイントとは?

5αリダクターゼに働きかけ脱毛の原因を抑止する成分を

問題のDHTというのは、男性ホルモンの一種テストステロンと5αリダクターゼの結合で生成されます。ですから、DHT生成に必要な5αリダクターゼを抑えることによってDHTの生成が抑制されます。
5αリダクターゼに働きかけ脱毛の原因を抑止する成分が求められる理由はそこです。

毛乳頭を活性化させ抜けにくい強い髪に育てる成分を

産毛段階からだんだん太い髪の育ちますが、それ以前に弱弱しい髪のままだとDHTによる脱毛促進の影響の方が勝って抜け毛となりかねません。そのため、DHTの脱毛促進に負けない太く強い髪を育毛する必要があります。
ですから、毛乳頭の活動を活化させ正常な育毛サイクルを保って太く強い髪を育てることが大事なのです。毛乳頭へ働きかける成分が求められるのはそういう理由からです。

浸透力と無添加で安全、理想を言えば体内からも育毛効果を

いくら有効成分が優れていても、毛乳頭まで浸透しなければ効果が期待できません。また、添加物などがあると効果が阻害されます。浸透力が高く無添加で安全な育毛剤が求められます。体内からの育毛効果も併用するのが理想的です。これに全額返金保証があれば言うことなしです。
(これらの条件を全て満たす理想的な育毛剤があります

生え際が後退するM字型の薄毛の悩みで特に注目すべき成分とは?

おススメはDHT77%カットの厚労省認可薬用育毛剤!

こめかみ・生え際の薄毛は男性ホルモンが影響して毛包を萎縮させるのではげていきます。
ですから、育毛剤の成分には男性ホルモンの影響を抑制するものが求められます。同時に、細いまま育ちきらない毛髪を正常に強く太くさせなければなりません。
そのためには、毛髪の育成に関わる毛乳頭の毛母細胞を活性化させる、栄養を補強する成分が求められます。
おススメするのは、抽出技術によるM-034、DHT抑制のオウゴンエキスほか、なんと99%もが育毛成分という濃密育毛剤です。

M字型薄毛対策にはDHT抑制 + M-034 + 育毛サプリの最強育毛剤!

育毛剤成分としては、ミノキシジルが有名ですが、残念ながら生え際が後退するM字型薄げには効果がありません。

必要なのは、男性ホルモンの影響に関わるジヒドロテストステロン(DHT)抑制のための成分と育毛促進の成分です。

・育毛業界注目の成分M-034配合
・DHT抑制成分のオウゴンエキス配合
・などなど育毛剤成分が99%の濃密度
・成分は無添加、無香料なので安心
・厚労省認可で30日間、全額返金保証付き


しかも、これだけ優れているのに加え、
育毛サプリ付で理想的な体内外からのW育毛効果!


半年後が楽しみなW育毛効果の最強育毛剤を!




 ●髪型のタイプ別に

迷った時の育毛剤選び

いろいろある育毛剤を選ぼうとして、何がいいか迷っている方へのアドバイスです。

迷ったらこちらを!