トップページ >  > 細毛の改善には脱毛原因であるDHTのブロックと発毛促進がベスト!

細毛の改善には脱毛原因であるDHTのブロックと発毛促進がベスト!

髪の毛が細いのを改善するにはポイントがあります!
薄毛のイラスト

毛髪の悩みの中で「細毛を改善したい」方に最適な人気実力決定版をご紹介しています。
まず脱毛原因であるDHTをブロックして抜け毛を防止し、細いままの毛髪は発毛サイクルを改善して太く成長させることが基本です。
頭皮環境を育毛に適した状態に整えて正常化すると同時に、毛髪の成長維持因子を生成させ発毛促進させなければ、細毛改善の最終的な問題の解決にはなりません。

これ以上の抜毛を防止し、細毛を改善させるためには?

   細毛の予防と対策には、次の問題を解消していく必要があります。

脱毛はDHT(ジヒドロテストステロン)が問題だから阻止する!
抜け毛の図

本来ならその寿命を全うした後に抜けていくはずの毛髪がそれより短い期間に細い毛のまま抜けていってしまうのが細毛の問題です。
男性型脱毛では、男性ホルモンの一種、テストステロンが変化した(ジヒドロテストステロン)が一番影響します。全体のあるべき毛量より、抜毛が上回るので薄毛、ハゲへと進行します。ヘアサイクル(毛周期)を正常に戻すことです。


細毛はヘアサイクルの成長期を伸ばして改善させる!
頭皮断面図

髪の毛は、産毛から細毛、成長して太い髪の毛となります。
ですから、毛髪の成長期をなるべく伸ばすことが細毛の改善対策では大切です。
頭皮環境を改善したり頭皮マッサージなど血行を促進するわけですが、
そのための効果に優れた適切な育毛剤があります。


細毛回復の決め手は毛髪の成長維持因子を生成し発毛促進させること!
毛乳頭の図

髪の毛を育成、発毛促進させるためには、毛乳頭の毛母細胞を正常に働かせることが必要です。その決め手は、毛髪の成長維持因子を生成にあります。
ですから、本当の抜け毛対策として期待できるものは、毛髪の成長維持因子を生成する成分配合の育毛剤となります。


DHT抑制と毛髪の成長維持因子(グロスファクター)生成の成分とは?

DHT(ジヒドロテストステロン)を77%抑制する凄い成分「オウゴンエキス」!

DHTを抑制する仕組みの図
上図の示すように、男性型脱毛の場合、体内の男性ホルモンが酵素5αリダクターゼとの反応で
DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、このDHTが毛乳頭の働きを阻害するのが原因です。
おすすめの育毛剤には、DHTを77%阻害する「オウゴンエキス」が配合されています。

成長維持因子生成するのはミノキシジルと同等効果の凄い成分「M-034」!

M-034エキスの育毛効果を示す図
上図が示すように、当サイトがお勧めする育毛剤には、ミノキシジルと同等効果の凄い成分、
「M-034」が配合されています。
M-034は褐色藻類抽出エキスで世界初の育毛剤への商品化に成功した成分で、
成長維持因子生成のほかにも血行促進、頭皮の保湿効果などに優れています。

細毛を改善したい悩み解消には厚労省認可の薬用育毛剤「ブブカ(BUBKA)」!

「細毛改善」の悩み解消に最適!

薬用育毛剤ブブカのイメージ写真
細毛の悩み解消に最適として当サイト一押しなのが、厚労省認可の薬用育毛剤「ブブカ」です。

男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンの一種、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する成分が配合されているので、頭頂部の薄毛のほか、M字型ハゲ対策としてもおすすめです。

(ブブカを6ヶ月使用後の変化の様子)


ブブカを使って6ヵ月後の変化の様子の写真
当サイト一押しの薬用育毛剤BUBKA(ブブカ)のポイントは次の通りです。

 体内外からのW育毛パワーは他にない
 世界初の商品化に成功したM-034はミノキシジル同等の育毛効果
 脱毛症の原因DHTの抑制が77%のオウゴンエキス配合
 無添加・無香料で厚労省認可の薬用育毛剤
 亜鉛、ノコギリヤシほかの育毛サプリが特典
 開封後でも30日間以内、全額返金保証

 ●髪型のタイプ別に

迷った時の育毛剤選び

いろいろある育毛剤を選ぼうとして、何がいいか迷っている方へのアドバイスです。

迷ったらこちらを!